<WGC-ブリヂストン招待 3日目◇5日◇ファイアーストーンCC(7,400ヤード・パー70)>

世界ゴルフ選手権2勝目が見える位置につけた。トータル4アンダー3位タイから出た松山英樹は5バーディ・3ボギーの“67”とスコアを3つ伸ばしフィニッシュ。トータル7アンダー、首位と2打差の4位と十分に優勝を射程圏内に捉え最終日を迎える。

松山の3日目のプレーを特選フォトでプレーバック!松山は2番パー5で2オンに成功。イーグルは逃したが、ここでしっかりとバーディを先行させると、5番パー3と8番でもスコアを伸ばし3つスコアを伸ばして折り返す。後半は10、11番と連続ボギーを叩いてしまったが、14番で約2メートル、17番で約8メートルを沈めスコアを取り返しホールアウトした。

「要所要所でいいバーディが獲れた」とこの日を振り返った松山。今週から投入しているマレット型の新パター『TP COLLECTION MULLEN』の感触も良く、「火曜日に到着していい感じだったので。上手くいきましたね」と白い歯をみせた。

十分に優勝を狙える位置。明日はスコット・ヘンド(オーストラリア)と同組に。最終組の1つ前から逆転優勝を虎視眈々と狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>