世界ゴルフ選手権「WGC-ブリヂストン招待」が開幕。松山英樹が初日のプレーを終えた。

世界の一流プレーヤーが集結!米国男子ツアーの特選フォトギャラリー
松山は10番からスタート。前半を3アンダーで折り返したが、後半は1番でボギーが先行。その後はバーディとボギーが交互にきたが、終盤の7番と9番でボギーとしバックナインではスコアを2つ落としてしまう。

この日は7バーディ・6ボギーの“69”でラウンド。1アンダー、ホールアウト時点では首位と4打差の17位タイにつけた。谷原秀人は4オーバーでフィニッシュ。暫定64位タイと出遅れた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>