<ダンロップ・スリクソン福島オープン 2日目◇28日◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(6,961ヤード・パー72)>

ツアー22年目、45歳の宮本勝昌が、ベテランらしい試合運びで“68”をマーク。前日の5位タイから3位タイに浮上した。

今年も大人気!古閑美保の生観戦ツアー
10番ホールからスタートした宮本は15番でボギーを叩き、悪い流れのまま17番パー3を迎える。ここで3メートルのバーディパットを沈め、その流れを断ち切りたかったが、惜しくも外してしまう。この日は湿度も気温も高く、なかなか集中力を持続できない状況。普通ならそのままズルズルと後退するところだが、続く18番パー5で同じ3メートルを沈め、この日初めてのバーディを奪ってみせた。

さらに折り返し後の1、2番ホールでも連続バーディを奪い、ようやく流れをつかみかける。このとき、宮本の脳裏をよぎったのが、全英オープンで優勝したジョーダン・スピースだったという。3打差をつけてスタートしながら、2位のマット・クーチャーに逆転を許しながらも、終盤追いつき再逆転した場面だ。

「悪い流れからいい流れに変わったときに、バーディをとると、その流れがさらに加速していくことがあるんですよね」。オープンウイークを利用してしっかりとテレビ観戦していたことが、見事に生きた。スピースばりにその後もバーディを2つ重ねた宮本。首位との3打差は十分射程圏内だけに、残り2日間でスコアを伸ばし、3年ぶりのツアー11勝目を狙う。

文/山西英希

<ゴルフ情報ALBA.Net>