<LPGA最終プロテスト 最終日◇28日◇小杉カントリー倶楽部(6,397ヤード・パー72)>

4日間の日程で富山県の小杉カントリー倶楽部にて行われている「LPGA最終プロテスト」の最終日。全選手が前半の競技を終え、単独首位で出た立浦葉由乃がハーフ“37”とスコアを1つ落とし、トータル9アンダーで植竹希望、松田鈴英と並び、トップタイでバックナインに入っている。

合格おめでとう!昨年のプロテスト合格者フォトギャラリー
7アンダー2位タイでスタートした新垣比菜と小滝水音はハーフ“38”と2ストローク落とし後退。吉本ひかるがハーフ“36”とパープレーで前半を終えている。5アンダー8位タイで出た勝みなみもイーブンでハーフターンしている。

その他の注目選手は、2アンダー18位タイで出た川崎志穂がハーフ“35”、1アンダー20位タイで出た岡村優、イーブンパー25位タイで出た越雲みなみがハーフ“36”、1オーバー29位タイから追い上げを狙う小祝さくら、原英莉花はともにハーフ“34”と前半でスコアを2つ伸ばしている。

なお、最終プロテストは25日(火)〜本日28日(金)までの4日間72ホールで実施され、20位タイまでの選手がLPGAの入会資格を得る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>