混戦となった「センチュリー21レディス」で優勝したのは、持ち前の飛距離を武器にトータル11アンダーまで伸ばした穴井詩。今回、大きくギアチェンジした点が2つあった。

人気のセクシークイーンなど、美人プロの特選フォトは「写真館」で!
一つ目がドライバーシャフト。使用シャフト「Tour-AD PT」はフレックスXに変え、さらにクラブ長さを45インチから44インチへと変更。短尺ドライバーへとギアチェンジした。アルペンの担当者によれば「ヘッドが暴れないようにするために、フレックスを変更しました。そしてクラブ長さを短くすることで、コントロール性能を上げました。短くなるとヘッドを軽く感じるので、クラブバランスはD0からD1へと若干重くしました」と理由を説明する。

通常、クラブを極端に短くするとシャフトが硬くなり、全体がしならずにヘッドスピードが落ちてしまう。だが、穴井はヘッドスピードが45m/s以上あるため、まずは短くしてミート率をアップ。同時にシャフトをしなり戻らせて、飛距離アップも追求中というわけだ。

もう一つの変更点は58度ウェッジ。今まで使用していたモデルが廃盤になるため、コーチの井上透も思案していたところ、「日本一の削り師」と賞賛するグラインドスタジオ・都丸和寛氏を紹介されたという。最初に試したモデル『グラインドスタジオVer.1プロト』は「球の上がりがイメージと違った」ものの、フェース加工した『Ver.2プロト』がマッチ。「サマンサタバサ レディース」から導入すると、今大会の勝利を呼び寄せた17番のベタピンバーディなど大いに優勝に貢献した。

「彼女はフェースを開いて構え、シャットにフェースを使う独特なスイングです。なので、ソールは極端にトゥとヒールの部分を削ってフェースを開きやすくし、さらにバンスが跳ねないようにしました。さらに『Ver.2』はフェースミーリング加工してあるので、出球が低く打ち出せるようになったのでしょう」(都丸氏)

クラブがマッチすることで自信を持って振りぬけるようになり、結果も手繰り寄せた穴井。念願のツアー2勝目につながったといえる。

【穴井詩のクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:トブンダ TRY FIT Pro 420 ドライバー 9.5°
(グラファイトデザイン Tour-AD PT-6X/44インチ)
3W:キャロウェイ ビッグバーサアルファ816 FW 14°
5W:キャロウェイ GBBエピック FW 18°
7U:トブンダ TRY FIT Pro(11年) 22°
4U:本間ゴルフ TW-U(アイアン型)
5I〜PW:トブンダ TRY FIT Proプロトタイプ アイアン
AW:キャロウェイ マックダディ2 52°
SW:グラインドスタジオ Ver.2 プロトタイプ
パター:オデッセイ ミルド・コレクション TX #2M
ボール:タイトリスト PRO V1x
 
<ゴルフ情報ALBA.Net>