<カストロールレディース 事前情報◇25日◇ザ・カントリークラブジャパン(6,608ヤード・パー72)>

26日(水)から2日間の日程で千葉県にあるザ・カントリークラブ・ジャパンにて行われるステップ・アップ・ツアー第14戦「カストロールレディース」。開幕を前日に控えた本日25日(火)、カストロール契約プロである大竹エイカ、加賀其真美、倉田珠里亜、土肥功留美、馬場由美子の5人がプロアマ戦に出場。最終調整に精を出した。

【関連写真】カストロール前夜祭に潜入!百花繚乱のドレスフォトギャラリー
昨年大会、契約プロの中で最上位となる3位に入った加賀其は「去年QTの成績が良くなかったので、今大会で頑張りたい思いはとても強いです。この1年で全体的にレベルアップできました。去年、良い位置でフィニッシュできたので、今年は優勝目指して頑張りたいです」と強い想いを口にした。

同じく昨年大会の初日に4位発進を見せた倉田珠里亜は「コースが難しいからボギーは出ると思うので、バーディを獲れないと厳しいと思います。狭いホールが多いのでドライバーをしっかりと狙ったところにつけたいです。調子は悪くないのでショットとパターがかみ合ってくれれば面白くなると思います」と戦略を語った。

姉である馬場ゆかりと共に、姉妹でカストロールと契約する馬場由美子は「去年までやっていたコースよりも今年のコースの方が難しい。ボギーが出やすいコースなので、ボギーが出ても慌てずに。1、2アンダーくらいでまずは良い位置につけたいですね」と初日の展望を話した。

また、2014年大会の覇者である大竹は「今年も推薦として声をかけてくださってとてもありがたいです。何とか恩返ししたいです。明日、明後日と大事にプレーしたいと思います。契約プロ最年長として頑張ります(笑)」と、ベテランらしく軽快なトークでホステスVへ意気込んだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>