<センチュリー21レディス 初日◇21日◇瀬田ゴルフコース 西コース(6,567ヤード・パー72)>

昨年、女子国別対抗戦「インターナショナルクラウン」に出場するため、国内女子ツアー「センチュリー21レディス」を欠場した渡邉彩香。2015年も同大会を欠場していたため、LPGAの規定により100万円の罰金を科せられた。その渡邉、今年もセンチュリー21-にエントリーしていないが、今回は罰金を支払う必要はない。

イ・ボミがまさかの予選落ち… 痛恨の1罰打はどう起こった?
理由は「海外主要トーナメントの当該週と前週、もしくは翌週の出場義務および罰金を免除」という条項が適用されるため。具体的にいうと渡邉は、「全米女子オープン」の前週にあたる「ニッポンハムレディス」に出場したため、当該週の「サマンサタバサレディース」と翌週となるセンチュリー21-に出場しなくてもいい。ちなみに、イ・ボミ(韓国)も海外メジャー「ANAインスピレーション」に参戦するため、その前週に「アクサレディス」に出場。渡邉と同様の理由で、ANA-当該週の「ヤマハレディース」、翌週の「スタジオアリス女子オープン」を欠場している。

当然ながら前年度に罰金を支払ったからといって、翌年の出場義務が免除されるということはなく、正式な理由がなければ2年連続で罰金が科される。ただ、今年度より規定が改正され、それまではメジャーだけだったのがTPD事業部が承認した競技も免除されることとなった。そのため、来年行われるインターナショナル-が協会の指定した競技となれば、当該週と前週もしくは翌週の出場義務は発生しない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>