<全米女子オープン 2日目◇14日◇トランプナショナルGC(6,732ヤード・パー72)>

“怪物”と謳われた父・良兼とタッグを組み、メジャーの舞台へ乗り込んだ川岸史果。初日に叩いた“78”を挽回すべく挑んだこの日は、3バーディ・3ボギーの“72”とスコアを伸ばすに至らず。トータル7オーバー99位タイで予選落ちを喫した。

【スイング解説】父譲り!?“飛ばし要素”が満載の川岸史果
ターニングポイントは初日の13番パー4。ティショットをフェアウェイに置いた川岸はセカンドに7番アイアンを選択。「大きいクラブを持ってコントロールしようとしたんですけど」、難しいライから放たれた打球はグリーンの左奥へ。結局ホールアウトまで8打を要し、メジャー挑戦1日目から大きくつまづくこととなった。

「アイアンの調子が今一つで、パッティングも思ったところには打ててるんですけど、ラインがきっちり読めなかった」と、ショートゲームに課題。多くの選手を苦しめたグリーン周りに対処しきれなかったことが最大の敗因だ。

それでも、「ドライバーの飛距離は全然通用すると思う」。2日間でのドライビングディスタンスは米ツアーきっての飛ばし屋、レクシー・トンプソン(米国)を上回る246ヤードを記録。父譲りのパワーに疑う余地はない。自身のウィークポイントを痛感すると同時に、ストロングポイントを再認識することができた。

バッグを担いだ良兼も娘のプレーを歯がゆい気持ちで見守っていた。「あいつドライバー曲がらなかったから、俺がセカンドやったら結構アンダーパーで回れたのに…(笑)」。

“自分ならこうする、こうできる…”。自身も今季から国内シニアツアーで活躍する“現役バリバリ”のプロ。それだけに、娘のプレーにふつふつと沸き上がるものがあった。

「俺は(近い将来)日本で(プラヤド・)マークセンに勝って、全米シニアオープンにこっそり行きますよ。俺、やる気になった。まだまだあいつには負けないなと、ははは。娘に負けられないわ」

世界一の女子ゴルファーを決める大舞台。この一戦で史果と同じ、もしくはそれ以上に刺激を受けたのは、今年で51歳を迎えるこの“おじさんゴルファー”だったのかも知れない。

史果・良兼ともにツアー初勝利という大きな仕事が日本で待っている。“怪物”が昨年賞金王のマークセンを押しのけるが先か、その血を色濃く受け継ぐ史果がカップを掲げるのが先か…。熱きライバル関係にある川岸親子の更なる活躍に期待が高まる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>