9月22日(金)より開催される国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」への出場権をかけ、13日(金)に「出場アマチュア選手選考会」が宮城県にある利府ゴルフ倶楽部で行われた。

会場で水着オーデションが開催!サマンサレディス初日のフォトギャラリー
この選考会は東北エリアのゴルフ普及と振興を目的とするもので、地元宮城県の学生を中心にトップアマチュア59名が出場。熱戦を繰り広げた。
 
18ホールのストロークプレーで競われ、3アンダーをマークした東北高校3年・木村怜衣さん、1アンダーで回った東北高校1年・郡山瞳さん、イーブンパーで回った6人の中からマッチングスコアカード方式(※)により仙台市立南吉成中学3年・鶴瀬華月さんの3名が出場権を獲得した。

トップで出場権を得た木村さんは「平常心でプレーしたのが良かったです。特に何かを意識したということはなく、目の前のことに集中してたら自然と平常心でプレーすることが出来ました」と喜びのコメントを寄せた。「6月に出たニチレイレディスがプロツアー初で、その試合で予選通過することが出来たのは自信になりました。その大会をきっかけに、考え方やプレーの組み立て方を意識するようになって、今回も通過することが出来てとても嬉しいです。アマチュアとしてというよりも、1人のプレーヤーとして自分もプロだと思ってしっかりプレーしたいと思います」と抱負を語っていた。

※マッチングスコアカード方式とは:同成績の場合、最終9ホールの合計スコアを比較し決定する。これで決まらない場合には最終6ホールの合計スコア、最終3ホールの合計スコアを比較し決定する。なおそれでも決まらない場合には、最終ホールのスコアにより決定する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>