<ANA PRINCESS CUP 最終日◇14日◇早来カントリー倶楽部 北コース(6,514ヤード・パー72)>

13日(木)から2日間の日程で開催されたステップ・アップ・ツアー(以下、ステップ)第13戦「ANA PRINCESS CUP」。初日6アンダーで単独首位に立っていた上原美希がトータル10アンダーまでスコアを伸ばし、逃げ切り勝利。昨年の「京都レディースオープン」以来、ステップ通算2勝目を挙げた。

フレッシュヒロイン盛りだくさん!大好評のステップLIVEフォトはこちら
「2日間で16個もバーディを獲って…初めてかもしれないです。パターの復調が急に現れるってビックリですね」と2日間を振り返った上原。初日は7〜8mのパットを数多く決めて8バーディを奪ったが、最終日もスタートホールの1番で10mのパットを沈めてバーディ発進。勢いに乗ると、3番・4番で連続バーディを奪い、6番では8ヤードのアプローチを直接しずめるチップインバーディ。前半9ホールだけで大台の10アンダーに乗せる。

後半に入っても好調をキープ。14番までに1つ伸ばし、余裕の逃げ切り…になるかと思われたが、15番・16番の連続ボギーで、2位につけていた谷河枝里子に1打差と迫られる。それでも17番パー3で2mのシビアなパーパットを沈めると、18番パー5でバーディ締め。2打差をつけてホールアウトとなった。

ここまでのシーズン、なかなか思うような結果が出せず悩んでいた上原だが、北海道入りする直前に救世主が…。神戸空港から北海道に向かう途中、空港内の書店にふと立ち寄ったところ、たまたま目に入ったのはイ・ボミ(韓国)のパッケージ。

「やっぱりすごく悩んでいたんでしょうね。ヒントがあるかなぁ、と思って、ボミの考え方や練習法が書いてある書籍を購入して、飛行機のなかで読み始めました。試合の前の心構えとか、練習の内容だったり、スイングも全部。改めてすごいな、と」。2年連続賞金女王の考え方や取り組み方を学ぶことで刺激を受けたのだとか。

今季はステップ3勝を目標に戦っているが、これまでの不安を断ち切る1勝目。「いいキッカケになればいいですし、次戦はいいイメージを持って入ることができる。優勝を狙うための練習をしていけると思います」。再来週の「カストロールレディース」でも優勝を狙い、バーディラッシュを見せたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>