<ザ・グリーンブライヤー・クラシック 3日目◇8日◇ザ・オールドホワイトTPC(7,287ヤード・パー70)>

米国男子ツアー「ザ・グリーンブライヤー・クラシック」最終日。4バーディ・1ボギーの“67”とトータル14アンダーに伸ばしたザンダー・シャウフェレ(米国)が、逆転で嬉しい米ツアー初優勝を手にした。

【松山英樹ハイライト】4番で今大会初バーディ!ラフから技ありアプローチ
シャウフェレは2015年にプロに転向した23歳。2015年には日本ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」に出場したこともある。先月行われた「全米オープン」では5位に入るなど調子を上げており、勢いそのままにカップを手にした。

トータル13アンダーの2位にはロバート・ストレブ(米国)、トータル12アンダーの3位タイにはジェイミー・ラブマーク(米国)とセバスチャン・ムニョス(コロンビア)が入った。

また、今大会より25年間共に戦ってきたキャディのジム・マッケイとのコンビを解消、新たに弟のティムとコンビを組んで戦うフィル・ミケルソン(米国)は7バーディ・1ボギーの“64”と猛チャージ。トータル6アンダーの20位タイまで浮上して4日間の戦いを終えている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>