<ニッポンハムレディスクラシック 最終日◇9日◇アンビックス函館倶楽部 上磯ゴルフコース(6,362ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「ニッポンハムレディスクラシック」最終日。2日目に"64"を叩き出し、2位に5打差をつけてトータル14アンダー単独首位に立っていたイ・ミニョン(韓国)。この日も安定したプレーで“67”をマーク。トータル19アンダーまでスコアを伸ばし、2位につけたキム・ハヌル(韓国)に6打差をつけ、圧巻の快勝劇で4月の「ヤマハレディースオープン葛城」以来となる日本ツアー2勝目を挙げた。

美人プロの撮れたてピチピチの写真は「ライブフォト」で!
「正直スコアは見てなくて、状況はわからないままでした。ボードを見るチャンスはなかったので。(試合前は)優勝スコアは考えていませんでしたが、ミスをしないことだけは考えていました」と自身のプレーに徹して、5バーディ・ノーボギー。後続に影さえも踏ませない安定感で逃げ切った。

日本ツアー3年目のペ・ヒギョン(韓国)に誘われて日本ツアー参戦を決意し、昨年末のファイナルQTで4位となり、今季からフル参戦。「“何勝したい”などの希望はなく、印象の良かった日本ツアーに来てみたいと思っただけでしたので、2勝もできてビックリ。あまりにもここまでが良すぎて、次はどうすればいいのかわからない」と本人は語るが、安定感のあるフェードボールはツアーNo.1と言っていいだろう。

今大会までのドライビングディスタンスは全体の13位(245.24ヤード)で、フェアウェイキープ率は26位。トータルドライビング(ドライビングディスタンスとフェアウェイキープ率の順位の合計)は1位で、イ・ボミ(韓国)を上回る“飛んで曲がらないショット”
を持っている。この優勝で賞金ランク3位に浮上。賞金女王候補に挙げても差し支えない弱点の少ないプレーヤーだ。

「世界をあちこち回れるからと、ゴルフを始めたんです」と語る25歳は、2015年に腎臓がんの診断を受けるも、早期発見だったことで手術からも回復も早く、治療から1か月後にはプレーを再開したというエピソードを持つ。「ヤマハレディースオープン葛城」では「自分が優勝したことで同じ病気の人たちが少しでも希望を持ってくれたら。私を見て頑張れる気持ちが出てくれたらすごく嬉しい」と語り、報道されたことで、会場で“自分も闘病しているので…”と声をかけられることも増えたのだとか。

同年代のツアーメンバーからは、「食事会をした際にキュウリを多く食べていたら、"キュウちゃん"と呼ばれるようになりました」と可愛がられているというミニョン。日本にさらに慣れてくれば、この先いくつ勝ってもおかしくない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>