<ザ・グリーンブライヤー・クラシック 初日◇6日◇ザ・オールドホワイトTPC(7,287ヤード・パー70)>

米国男子ツアー「ザ・グリーンブライヤー・クラシック」が開幕。初日に存在感を発揮したのは53歳の大ベテラン、デービス・ラブIII(米国)だった。

ラブは7バーディ・ノーボギーの“63”でラウンド。首位のセバスチャン・ムニョス(コロンビア)と2打差の単独2位と好スタートを切った。6月の全米オープンでは息子のデービス・“ドルー”・ラブIV(米国)のキャディをしたことが話題となったが、この試合では選手として注目を集めた。なお、息子もこの大会に出場。4オーバー141位タイと大きく出遅れた。

前回大会の覇者、ダニー・リー(ニュージーランド)は首位と3打差の3位タイ。25年間共に戦ってきたキャディのジム・マッケイとのコンビを解消、新たに弟のティムとコンビを組んで戦うフィル・ミケルソン(米国)は3アンダー16位タイとまずまずのスタートを切った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>