<ニッポンハムレディスクラシック 事前情報◇6日◇アンビックス函館倶楽部 上磯ゴルフコース(6,362ヤード・パー72)>

 北海道・函館市で7日(金)から開催される「ニッポンハムレディスクラシック」から国内女子ツアーは後半戦に突入。現在賞金ランク1位を走るキム・ハヌルは、今季初のホールインワンを吉兆に、自身初の女王戴冠へ挑んでいく。

【関連写真】私服にドレス、メジャー初制覇の瞬間まで!キム・ハヌルフォトギャラリー
 開幕前日に行われたプロアマ戦での12番パー3、ピンまで163ヤード。「ティグラウンドからは見えなかったので、走っていって確認したら入っていました。すごく嬉しくて、両親に報告しました」と今季第1号を達成。

 2016年は「Tポイントレディス」「サイバーエージェント レディス」「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」と3度の"エース"を達成し、ツアー制施行後の同一年度のホールインワン記録を更新したハヌル。「韓国では3回ですかね。プライベートを含めると9回かな」と大台の2桁目前。"ホールインワン女王"と呼ぶことに異論はないだろう。

 先週のオープンウィークは「友人との会食などでリフレッシュはしたが、スポンサー関係の撮影などもあり、忙しかったです」と予定が詰まっていたが、良い休息となり、ショットの状態を含めて満足している様子。

 女王レースを争う賞金ランク2位の鈴木愛が高額賞金大会「アース・モンダミンカップ」を制したため、約90万円と僅差。「まだ自分が賞金女王になれると思っていない。いまは関係ないです」というが、ライバルは今大会不在だけに、上位フィニッシュで差を広げたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>