先週に開催された海外女子メジャー「KPMG女子PGA選手権」を36位タイで終えた宮里藍。今季限りでの引退を掲げている宮里にとって、悲願のメジャー制覇へ残るチャンスはあと3試合となる。

【関連動画】宮里藍が魅せた!チップインバーディ!
宮里がすでに出場資格を得ているのは来週の「全米女子オープン」、9月開催の「エビアン選手権」の2試合。まだ出場権を持っていない「全英リコー女子オープン」(8月3日〜6日)に出場するためには、米ツアー賞金ランキング40位以内に入ることが条件となる。

現在、約5万3千ドル(600万円)を獲得している宮里の賞金ランクは94位。本戦出場ラインの40位までは約17万2千ドル(1800万円)と大きな開きがあるため、厳しい状況に立たされていると言える。

しかし、賞金ランク上位勢は他の出場資格を持つため、例年通りであればランキング80位付近の選手に出場権が繰り下がる。現時点では80位まで2万3千ドル(260万円)。宮里は今週開催の「ソーンベリー・クリークLPGAクラシック」、7月20日(木)から始まる「マラソン・クラシック」には出場せず。また、7月27日(木)に開幕する「アバディーン・アセット・マネジメント・スコットランド女子オープン」の出場資格が降りてくるか微妙なため、この差を来週の全米-で埋めることが目標となる。是が非でも上位フィニッシュで出場を確実にしたいところだ。

2011年大会では6位に入るなど優勝を争ったが、直近に出場した2014年には予選落ち。3年ぶりの大舞台、リベンジの意味も持つこの大一番でキングスバーンズ行きの切符を掴めるか。

【全英リコー女子オープンまでの米ツアー出場予定】
7月06日〜7月09日 「ソーンベリー・クリークLPGAクラシック」×
7月13日〜7月16日 「全米女子オープン」○
7月20日〜7月23日 「マラソン・クラシック」×
7月27日〜7月30日 「アバディーン・アセット・マネジメント・スコットランド女子オープン」△
8月03日〜8月06日 「全英リコー女子オープン」△

※○は出場予定、×は出場予定なし、△は資格が獲得できれば出場

<ゴルフ情報ALBA.Net>