<男子世界ランキング>

米国男子ツアー「クイックン・ローンズ・ナショナル」を終え、最新の男子世界ランキングが発表された。

【関連動画】松山英樹、初のメジャー制覇へ「チャンスは増えてきている」
同大会で5年ぶりとなるツアー2勝目を挙げたカイル・スタンレー(米国)が前週の94位から36人抜きとなる58位にジャンプアップ。プレーオフでスタンレーに敗れたチャールズ・ハウエルIII(米国)も15ランクアップとなる55位に浮上を果たした。

また、欧州ツアー「フランスオープン」で今季2勝目を飾ったトミー・フリートウッド(イングランド)が自身ベストとなる世界ランク15位に浮上。日本の谷原秀人も同大会に出場したが、2日目に“81”の大乱調で予選落ち。世界ランクは50位と、1ランクアップに留めている。

なお、ランキングトップ10では、前週6位のセルヒオ・ガルシア(スペイン)がジェイソン・デイ(オーストラリア)との入れ替わりで5位に浮上。1位はダスティン・ジョンソン(米国)、2位は松山英樹がキープしている。

【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(12.41pt)
2位:松山英樹(8.02pt)
3位:ジョーダン・スピース(7.60pt)
4位:ローリー・マキロイ(7.57pt)
5位:セルヒオ・ガルシア(7.27pt)
6位:ジェイソン・デイ(7.08pt)
7位:ヘンリック・ステンソン(6.74pt)
8位:アレックス・ノレン(6.33pt)
9位:リッキー・ファウラー(5.85pt)
10位:ブルックス・ケプカ(5.54pt)
15位:トミー・フリートウッド(4.71pt)

50位:谷原秀人(2.55pt)
55位:チャールズ・ハウエルIII(2.43pt)
58位:カイル・スタンレー(2.32pt)
62位:池田勇太(2.18pt)
116位:小平智(1.34pt)
127位:宮里優作(1.29pt)
152位:片岡大育(1.11pt)
155位:藤本佳則(1.08pt)
157位:今平周吾(1.07pt)
162位:石川遼(1.05pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>