「アース・モンダミンカップ」を終えて1週間のオープンウィークに入っている国内女子ツアー。前半戦の成績をスタッツを見ながら振り返っていきたい。

【関連動画】ゴルフを愛する芸能人大集合!33人のスイングを一挙公開!
パー4平均スコア(パー4の総ストローク数÷パー4総ホール)の1位には、先週に今季2勝目を挙げ、賞金ランキングでも2位につけている鈴木愛が輝いた。鈴木といえばパットの名手として知られているが、実はバーディ数や、バーディかそれ以上のスコアを出す確率を示すパーブレーク率で1位になるなど、多くのランキングで上位に入っており、今季の好調ぶりを示していると言えそうだ。

2位以降には、元世界ランキング1位の申ジエ(韓国)、今季賞金ランキング3位のテレサ・ルー(台湾)と続くが、パー4平均スコアランキング10位以内のうち9人が、賞金ランキングでもトップ10に入っている。ちなみに、昨季1位だったのは賞金女王を獲ったイ・ボミ(韓国)だが、ここまでのところ11位と低迷している。スコアメイクの基本となるパー4の安定感が、最終的な結果にもつながっていると見ることもでき、今後、このランキングの推移にも注目していきたい。

【パー4平均スコアランキング】
1位:鈴木愛3.9617
2位:申ジエ 3.9861
3位:テレサ・ルー 3.9915
4位:上田桃子 4.0095
5位:キム・ハヌル 4.0116
6位:笠りつ子 4.0217
7位:堀琴音4.0233
8位:全美貞 4.0267
9位:アン・ソンジュ 4.0308
10位:イ・ミニョン 4.0311
11位:イ・ボミ 4.0366

<ゴルフ情報ALBA.Net>