カメリアヒルズカントリークラブにて行われた「アース・モンダミンカップ」で、今季2勝目を挙げた鈴木愛。4日間大会など大舞台に強い彼女は、コースコンディションにより3パターンのセッティングを使い分けている。

歓喜のバーディフィニッシュ!大激戦の最終日LIVEフォトはこちら
1W(10.5度)、3W(15度)、4UT(22度)、5UT(26度)はどんなコースでも使用するが、その間の番手を使い分けているのが特徴。今大会で使用していたのは、ロフト20.5 度の7W。そのほかにロフト17.5度の5W、ロフト19度の3UTを7Wの代わりに使用するケースが見られるが、同じロフト帯で3つのクラブを使い分ける理由は何だろうか?

「基本はパー5での2打目や3打目の残り距離、またはパー3の距離に応じて5Wか7Wか3UTのどれを使うかを決めています。一番クラブ長があってロフトが少なく飛距離が出る5Wが必要なければ、コースレイアウトやコンディションによって、7Wと3UTを状況によって使っています」(ピンゴルフ担当者)

7Wは3UTよりもシャフトが長く、ヘッドの重心深度が深いので、飛距離も出るし球も上がりやすくなる。今大会のようにピン位置が厳しいときは、ピンをデッドで狙うために弾道高で狙える7Wを使用するという。3UTを使用するのは、風が強く弾道を打ち分けたい時。ライン出しで方向性を出したい時にも多用する。

コースやコンディションによって、3つのクラブを使い分けるセッティング術は正確なショットやツアー屈指のパッティングと同様に、今季の彼女の強さを支える要因となっている。

【鈴木愛のクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】

1W:PING Gドライバー 10.5度
(ALTAJ50 ※純正シャフト/S)
3W:キャロウェイ GBB EPIC フェアウェイウッド(15度)
7W:PING Gフェアウェイウッド(20.5度)
4UT:PING Gハイブリッド(22度、MCH70・R)
5UT:PING G30 ハイブリッド(26度、MCI70・R)
6I〜PW:PING i200アイアン(NS950GH・R)
AW:PING グライド2.0ウェッジ(50度、CFS・R)
AW:PING グライド2.0ウェッジ(54度、CFS・R)
SW:PING グライド2.0ウェッジ(58度、CFS・R)
PT:PING VAULT アンサー2
BALL:タイトリスト PRO V1x

<ゴルフ情報ALBA.Net>