<アース・モンダミンカップ 2日目◇23日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,545ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」の2日目、先週の「ニチレイレディス」で今季初のトップ10入りを果たし、上り調子の三ヶ島かなが、8バーディ・1ボギー“65”を記録し、トータル9アンダー・4位タイへ浮上した。

これが三ヶ島お気に入りの“イケメン”だ!
好スコアを支えたのはショートゲームだと振り返り、特に中学時代から使い続けたものから、新たに切り替えた新ウェッジだという。使用するのはブリヂストンスポーツ『TOUR B XW-1』。ティアドロップ型で高いスピン性能を誇るウェッジが最近の好調の要因だとか…。

「とにかく構えたときの見た目…“顔”が自分の好みの“イケメン顔”なんです。トゥ側が丸いけど、トップラインが真っすぐで“シャキーン”というイメージで構えやすいんです。この顔だったから、中学時代から使い続けたウェッジをやめて、こちらに変えたんです。バンスも抜けがよく、今季サンドセーブ率で7位に位置するなどすごく役立っています」

2日目はロングパットの距離感が合うなど、パッティングの調子も上向き。ショートゲームが上向けば、スコアも上向くというもの。念願のツアー初勝利へ好条件は揃っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>