<アース・モンダミンカップ 初日◇22日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,545ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」の初日に、1ボギー・1ダブルボギーを記録したが、7つのバーディを奪い、4アンダー4位タイの好位置に付けた成田美寿々。毎日6バーディを奪うことを目標としており、この日は本人曰く「まずまずの結果を出せた」。4日間で24バーディを目標にして、今大会を戦うプランだという。

アン・シネ旋風が再上陸!ボミ、ハヌルら美女プロも満載のLIVEフォトギャラリー
ドライビングディスタンス250.73Yで6位につけている成田は、今季ドライバーショットの飛距離は10〜15ヤード伸びている。昨年までは、セカンドショットで届かないと思ったロングホールでも今季はグリーンに届くようになったと語り、スコアメイクも以前よりは多少なりとも楽になったという。

「とにかく振り切ることを忘れていました。だから、自分のリミッターを外すことにしました。今年の初めに重いバットで素振り、軽いバットで素振りを繰り返しました。重いバットは振る筋肉をつけるためです。遅筋を鍛えるみたいな。軽いバットはいかに早く振るかを体に覚えさすためです。速筋を鍛えるみたいな。これを繰り返すことで、速く振ることを自分が思い出しました」。

アイアンの飛距離は、伸びたといっても1番手ほどだ、と本人は謙遜するが、飛距離アップが大きな武器になることは間違いない。飛距離が10ヤード以上アップすれば、スコアメイクは楽になる。しかも、成田はもともと方向性は安定している選手といえる。

あとはショートゲームがかみ合えば、今季初Vも見えてくる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>