<アース・モンダミンカップ 事前情報◇21日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,545ヤード・パー71)>

セクシー旋風が再び上陸だ。5月の「ほけんの窓口レディース」以来、約1か月ぶり3度目の日本ツアー出場となるアン・シネ(韓国)はプロアマ戦が9ホールで中止になるほどの豪雨の中、パッティング練習で最終調整を行った。この日はレインウエアだったため、タイトなセクシーウエアは封印されたが、快晴で気温も上がる予報が出ている初日は「わさびスタイル」での登場を予告した。

再来日のセクシー・クイーン!韓国時代の秘蔵写真も満載のアン・シネ特選フォトギャラリー
フィーバーを巻き起こした5月の戦いから、満を持して帰ってきた。韓国ツアーでは結果を残せなかったものの、今回はコーチを帯同しての来日で「スイングの修正も見てもらえるので感覚はつかめてきている」とうなずいた。この日もコースでの調整は雨のため断念したものの、近隣の屋根付き練習場で調整する予定だ。

ツアー3戦目となる今大会も目標はまず予選通過に設定する。「ラフが長いのでつかまった時はすごく重いので気をつけたい」と警戒しながらも、「4日間大会なので予選通過さえすれば挽回するチャンスはあると思う」と出だし次第では上位進出に自信をのぞかせる。そのルックスにばかり注目が集まるが、「私を見たりウエアを期待してもらえるのもありがたく思いますが、ゴルフ選手としていかにいい姿を見せるのが本分なので、良いパフォーマンスをお見せできるように頑張りたい」と意気込んだ。

とはいえやっぱり気になるのは明日のウエア。「久しぶりに日本に来たので“わさびスタイル”でいきたいと思います。若干マスタード入りのわさびのようなイメージです」。イメージが少し難しいがグリーンベースにドットが入ったものと考えてよさそうだ。もちろんウエアだけでなく「わさびのように刺激的なプレーをしたいと思います」と笑顔を見せた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>