<全米オープン 初日◇15日◇エリンヒルズ(7,741ヤード・パー72)>

今季は海外でも結果を残し、今大会でも活躍を期待されている谷原秀人。初日は2バーディ・2ボギーの“72”とスコアを伸ばせず45位タイで終えた。

松山英樹は2オーバー82位タイに「最悪ですよ…」
この日は午前組でスタート、風もそこまでは強く吹かずビッグスコアを出す選手も多くでた。おおよそ全米オープンらしくない初日となったが、谷原がこの日スコアを伸ばせなかったのはアイアンショットが原因。ティショットはすべてフェアウェイをとらえたが、今週「そこまで良くはなかった」というアイアンが足を引っ張りチャンスをつくることができなかった。

それでも「なんとなく」とはいうものの原因はつかめており、ホールアウト後の練習で修正のめどもついた。「でも、明日になってみないと分からない!by松山英樹(笑)」と仲の良い後輩が口にしそうなコメントで笑いを取り、報道陣を煙にまいた。

ティショットとパッティングの感触は悪くないだけに、後はアイアンだけともいえる。欧州ツアーのビッグイベント「BMW PGA選手権」では初日に116位タイと大きく出遅れたものの最終的には3位に食い込んだ。猛者たちを相手に力強く巻き返した経験は、もちろん大きな力となる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>