<全米オープン 事前情報◇13日◇エリンヒルズ(7,741ヤード・パー72)>

開幕を2日後に控えた「全米オープン」。各選手の調整も本番さながらの緊張感に包まれてきたが、この日はサプライズラウンドがあった。午後3時にスタートした松山英樹、谷原秀人、宮里優作の組に、2010年の全英オープン覇者のルイ・ウーストハウゼン(南ア)が加わった。

谷原秀人と谷口拓也の作戦会議に潜入!?
日本人3人とのプレーに「初めてかもしれないね。楽しいよ。みんないいプレーヤーだね」と、とっても陽気な南アフリカのスター。随所にナイスショットを見せながらも、ミスのときにはおどけるナイスガイっぷりで組を和ませた。

ウーストハウゼンといえば、世界ランキング21位で、まぎれもなく世界トップの一人。全英制覇以外にも、過去2度、米国選抜対欧州を除く世界選抜のプレジデンツカップメンバーとして活躍してきたが、今年がその開催年。チーム入りが有力視される中、「今年こそ米国に勝ちたい」とすでに意欲満々だ。

その名手がラブコールを送ったのが谷原秀人。一緒に回った感想を聞いてみると、「マッチプレーでダスティン(・ジョンソン)を追い詰めたし、この前は欧州で3位に入っている。世界選抜のメンバー入りも有力だから、是非一緒に戦いたい」と、チーム入りを熱望した。

「今年こそは、の気持ちは強いし、調子のいい選手に入ってもらって、ヒデキらとともに一緒に戦えたらいいね。最近は世界選抜のチームワークもよくなっているし、楽しみだ」と、今季世界ランキングをグイグイ上げている谷原には一目置く。そんな話を谷原にしたが、「そこはまだ考えていないですけど、出られるなら出てみたい気持ちはあります。でも恐れ多いですよ」と、謙遜気味だが、谷原は世界ですでに有名人の仲間入りをしているとみてよさそうだ。

2年前の本大会では2位タイのウーストハウゼンと、昨年初出場で予選通過を果たした谷原。立場や積み上げてきた実績は違えど、9月26日に開幕するプレジデンツカップのチームメイトになるための熱い夏の第一歩がまもなく始まる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>