<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 最終日◇11日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,538ヤード・パー72)>

引退を発表してから初めての試合となる「サントリーレディス」に挑んだ宮里藍。最終日のラウンドを終え、今後の展望について語った。

藍ちゃんのラストゲーム!?勇姿を収めた最終日LIVEフォトギャラリーはこちら
この後はすぐにアメリカへと戻り、再来週の米国女子ツアー「ウォルマートNWアーカンソー選手権」に参戦。9月の「エビアン選手権」まで出場する予定となっている。まずは引退を決めてから生まれているというモチベーションでメジャー制覇を目指していく。

その後については「まずは向こうでメジャーを戦い切って、その時の自分の気持ちに正直に。行けそうだったら出たいと思います」と話すにとどまっている。さらに質問が続くと「自分の体力と気力とのモチベーション(が続く時間)を考えるとそんなに長くないかなと。頑張って9月くらいまでかなと思っています。気が抜けてしまった場合、そんな状態で出ても内容の無いものになってしまう。出るからには良いプレーをお見せしたいですから」と矜持を語った。

今日の会見でLPGAの小林浩美会長が「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」のオファーを出したことを明かした。その他にもエビアン-以降にはアマチュアで初優勝を挙げた「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」や、メジャー「日本女子オープン」、プロとして初めて出場した「伊藤園レディス」など思い出深い大会が数多く存在する。果たして宮里はどんな決断を下すのか。

【エビアン選手権までの米ツアー出場予定】
6月23日〜6月25日 「ウォルマートNWアーカンソー選手権」
6月29日〜7月02日 「KPMG女子PGA選手権」☆
7月13日〜7月16日 「全米女子オープン」☆
7月27日〜7月30日 「アバディーン・アセット・マネジメント・スコットランド女子オープン」※
8月03日〜8月06日 「全英リコー女子オープン」☆※
8月24日〜8月27日 「カナディアン・パシフィック女子オープン」
8月31日〜9月03日 「キャンビア・ポートランド・クラシック」
9月14日〜9月17日 「エビアン選手権」☆
☆はメジャー大会
※は資格がとれれば出場予定