<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 3日目◇10日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,538ヤード・パー72)>

ジュニア時代からラウンドを重ねている六甲国際GCで28位タイから出た堀琴音が大爆発。9バーディ・1ボギーの“64”をマークして、トータル11アンダーとし首位と3打差の2位タイに浮上した。5度目の最終日最終組で、悲願の初優勝を狙う。

日本ではこれで見納め?引退発表の宮里藍がいよいよ最終日へ
「すごくかみ合いました」。1番(パー5)で70ヤードの3打目を“OK”につけると続く2番(パー4)では7メートルをねじ込んで連続バーディ。6番(パー3)で2・5メートルを決めると圧巻のバーディショーを披露。9番(パー4)で10メートルをねじ込むなど10番までに5連続バーディを奪った。

その後、15番でボギーを叩いたが、12番、17番でもバーディを奪って、自己ベストを1打更新する“64”をマーク。「いいショットをして、いいパットをして、気持ちよくバーディが獲れました」と納得のラウンドを振り返った。

「ショットはずっといいのですが、今日はパットが入ってくれました」と、ここ3試合中2試合で4位タイに入るなどショットは好調を維持。パット次第ではビッグスコアの気配もあった。ショットが好調な要因はリズムだ。これまでスイングが速くなったり、遅くなることでミスが生まれた。「毎ショットアドレスしてから、目標を1回だけ見て、打つようにしています」と、始動するタイミングを整えることで、ショットの安定感が向上。今大会2年連続となる最終日最終組の座を得た。

ちょうど1年前の今大会が堀にとって初の最終日最終組だった。「今日の18番で去年の最後を思い出しました。去年はスタートからガチガチでしたので、今年はそうならないようにしたい。1年たってだいぶ落ち着いて出ています」。この1年の間に最終日最終組は4回経験。「上がり9ホール、ツメが甘いのが反省点」というように、いずれもインの9ホールでアンダーパーを出したことがない。いつ勝ってもおかしくないと言われるが、過去の経験を生かすチャンスが来た。

今大会の思い入れは強い。1つはジュニア時代から練習を重ねてきたコースであること。もう一つは、宮里藍の引退だ。「小学生の頃初めて試合を見にいってサインをもらいました」という宮里藍の背中を見て育ったことから、「藍さんが引退してしまうその試合で勝てたらすごく嬉しいですし、いい思い出になる。絶対優勝目指して頑張ります」。初優勝の舞台は整った。

【3日目の順位】
1位:キム・ハヌル(-14)
2位T:堀琴音(-11)
2位T:テレサ・ルー(-11)
2位T:辻梨恵(-11)
5位:山城奈々(-10)
6位T:岡山絵里(-9)
6位T:ペ・ヒギョン(-9)
6位T:武尾咲希(-9)
6位T:イ・ボミ(-9)
6位T:イ・ミニョン(-9)

33位T:宮里藍(-1)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>