<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 事前情報◇7日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,538ヤード・パー72)>

現在決まっている日本での最終戦に挑む宮里藍。その宮里と上田桃子と共に予選ラウンドの同組に選ばれたのは、アマチュアの高橋彩華だった。

百花繚乱!人気女子プロの特選フォトは「写真館」で
「本当にびっくりしました」。昨年の日本女子アマチュア選手権チャンプもペアリングを最初見たとき固まった。少し時間を置いて状況を掴めるようになったときに、込み上げてきたのは感謝。「今年で引退されるので、もう回る機会が残り少ない中で一緒に組にさせていただいたのは光栄ですし、とてもありがたいです」。

宮里の印象は「日本の女子ゴルフ界を変えてくれた人」。特に学びたいのは自身のストロングポイントでもあるショートゲームだという。そしてもう1人の同伴競技者・上田についてはショットに注目。「アイアンを学びたいですね。私はアイアンがそんなに得意じゃないので、間近で見て自分と何が違うのかを見たいです」。競技ではあるが、2人の大先生からの学習も今週の楽しみの1つだ。

そして2人から一番吸収したいのは「どちらもアメリカを経験してる方。私も将来的にはアメリカを目指しているので、米ツアーに行くヒントがあれば」。宮里に対し「憧れもあるし、自分もそういう存在になりたい」と語る高橋。2人から今後につながる大きな“何か”を見つけたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>