<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 事前情報◇7日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,538ヤード・パー72)>

8日(木)から4日間の日程で行われる「サントリーレディス」。この日はアマプロ戦が行われ、現在発表している中では今大会を最後の試合としている宮里藍も出場した。

宮里藍の歴史を500枚以上の写真でプレーバック!
「雨の中ですがとても楽しかったです」とクラブハウスへと引き上げてきた宮里。今日は指揮者の佐渡裕氏と同組でプレーした。「お互いにチームに貢献するのに必死でしたが、その中で“どこを拠点にしてるの”など話しました。これまでクラシックは接点があまり無かったですが、時間ができたらコンサートに行きたいです、と伝えました」と新鮮味あふれる18ホールだった。

ついに大注目の戦いが幕を開ける。「自分の決めたことでこれだけ多くの注目を集めているので、この中で普通のプレーをやるのは難しい。ギャラリーの方々の見方もこれまでの“いいプレーをして欲しい”から“これが最後かも”と思ってくれてると思う。その中で如何に淡々とできるか。それが大事ですね」。

「結果を求めすぎても空回りする。今さら大きいことはできないので、これまで積み重ねてきたものの集大成だと思って。試されている状況で積み上げてきたものをどれだけできるか。私も楽しみです」と抱負を語った宮里。明日の初日は8時24分に上田桃子、高橋彩華と10番ティからスタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>