<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 事前情報◇5日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,538ヤード・パー72)>

今シーズン限りで現役引退を表明した宮里藍が、8日(木)に開幕する国内女子ツアー「サントリーレディス」に出場する。引退を公言してから最初の試合は、自身の所属先の主催大会で2年ぶりの出場となる。月曜日から会場入りして、練習ラウンドを行った。

宮里藍の今までを振り返る 総数500枚以上の特選フォトギャラリー
5月29日に引退発表の記者会見を行ってから1週間。「特に変わることもなく。でも1週間のお休みがあったのはよかったと思います。自分の中でも練習ができて、いいお休みを過ごせました」と落ち着いた様子だった。

しかし、この日午前10時ごろ会場入りした宮里をテレビカメラやスチールカメラが出迎えると少し驚いた様子も見せた。例年、今大会の月曜日はマンデートーナメントを開催しており、報道陣はほとんど会場入りしない。しかし、この日はテレビ、新聞、雑誌など40人の報道陣が詰めかけ、普段の試合とは違う雰囲気を感じさせた。

この日はアマチュアの新垣比菜とインの9ホールを回り、好ショットを連発。「コースが難しい。グリーンは大きくてアンジュレーションがある分、しっかりと頭を使うコース」とグリーン回りを中心にコースの状態をチェックした。

明日は練習ラウンド後に公式記者会見を行う。ジュニア時代から出場し、2004年には優勝を遂げている思い出の大会で、ホステスプロとして最後の出場を飾る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>