<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 最終日◇4日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(7,384ヤード・パー71)>

8位タイから逆転優勝を狙った小平智はこの日“66”の猛チャージをみせたが、首位を走るショーン・ノリス(南アフリカ)に5打届かず、トータル8アンダー3位タイで競技を終えた。

全米OP選考会トップ通過の小平智、記念撮影でもニコニコ!
「前半から上のスコアも伸びていたので、自分もガンガンいかないと、と思ってずっと攻めていました」、4番でチップインバーディを奪い勢いにのると、この日は6つのバーディを量産。難関の17番では残り185ヤードのセカンドショットをチャンスにつけてバーディを奪取。難コースを臆することなく攻め続け、日本人最上位となった。

とはいえ、目標としていた10〜15アンダーには届かず「頑張りが足りなかったですね」と悔しさを覗かせた。しかし、次戦の海外メジャー「全米オープン」に向かっていい流れで終わることができた。「自分のゴルフが最終日にできたので次につながると思います。アメリカでもいい成績を残したいですね」と大舞台を見据えた。

妻の古閑美保は「結局仕事が入ってしまって行かないです。残念がってました」と一緒に渡米はしないとのこと。舞台となるエリンヒルズは「メチャクチャ難しそうですね。着実に予選を突破して、その後はトップ10だったり狙えれば優勝を狙いたい」。とにかく今は「早くいきたいです」とコースに行くのが楽しみで仕方がない様子だった。この勢いで、世界でも結果を残すことができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>