<すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント 初日◇1日◇イーストウッドカントリークラブ(6,836ヤード・パー72)◇賞金総額5,000万円>

2017年PGAシニアツアー第2戦「すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント」が6月1日(木)に開幕。初日を終えて、6アンダー首位に立ったのは昨季シニア賞金王のプラヤド・マークセン(タイ)ら3人。そして尾崎直道ら4人が1打差で首位を追う。

おじさん達の熱き戦い!シニアツアーのフォトギャラリーはこちら
「1つもドタバタすることなく18ホールを終えた」と1イーグル・3バーディ・ノーボギーと安定したゴルフで4位タイ発進となった尾崎だが、「まだ春先から連続してゴルフをやっていないからどうなるか」とまだシニアツアーも2戦目だけに手探り状態と語る。

懸念として上げたのはティショット。「背中がね。軽く打つと真っすぐいくんだよ。(でも)頑張るとヒイヒイいうし、バックスイングが硬い。一生懸命振るとつらいよね。20代の体であってほしいよ」と自虐が口をつくが、「明日は(川岸)良兼に負けないようにやらないとなぁ」と、今季からシニアルーキーとして参戦している飛ばし屋への対抗意識を口にした。

そして最後は「あんまり(体のことで不満を)言うと、(引退を発表した)藍ちゃんにも怒られちゃうよな」と、気合を入れなおして調整に向かった。

【初日順位】
1位T:山中拓(-6)
1位T:パク・ブーウォン(-6)
1位T:プラヤド・マークセン(-6)
4位T:盧建順(-5)
4位T:尾崎直道(-5)
4位T:金鍾徳(-5)
4位T:原田三夫(-5)
8位T:倉本昌弘(-4)ら8名

<ゴルフ情報ALBA.Net>