<メルセデスランキング>

国内女子ツアー競技の各大会での順位や出場ラウンド数をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価するメルセデス・ランキング。1位(LPGAメルセデス最優秀選手賞)の選手には、翌シーズンからの3年シードを付与される。

【関連写真】小学生が書いた自身の似顔絵を指さすキム・ハヌル 本人も似てるとにっこり
国内女子ツアー「リゾートトラスト レディス」終了時の最新ランキングが発表され、16位フィニッシュにより8ptを加算したキム・ハヌル(韓国)が1位をキープ。これで3週連続の首位キープとなり、後続との差を41ptと更に広げている。

同大会を日本勢2番手となる7位で終えた川岸史果がランキング2位に浮上。オープンウィークだった上田桃子、イ・ミニョン(韓国)はそれぞれ3位、4位と一つずつ順位を下げている。

また、プレーオフを制しツアー通算3勝目を挙げたカン・スーヨン(韓国)は24位にジャンプアップ。40位タイでフィニッシュ、今大会で5戦連続トップ10入りを逃しているイ・ボミ(韓国)は25位から28位に順位を下げている。

【メルセデスランキング】
1位:キム・ハヌル(224.5pt)
2位:川岸史果(183.5pt)
3位:上田桃子(181.5pt)
4位:イ・ミニョン(177.0pt)
5位:全美貞(176.5pt)
6位:アン・ソンジュ(176.0pt)
7位:鈴木愛(164.0pt)
8位:テレサ・ルー(151.0pt)
9位:藤本麻子(145.5pt)
10位:申ジエ(127.0pt)
28位:イ・ボミ(81.0pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>