今季限りでの引退を発表した宮里藍が29日(月)、都内ホテルで記者会見を行う。会見は民放各局が生放送で伝える。

総数500枚以上!藍の歴史を特選フォトギャラリーでプレーバック
2003年に高校3年でツアー初優勝を飾って藍ちゃんフィーバーを巻き起こした、近年女子ゴルフの第一人者。プロ転向以降、女子ゴルフ人気を先頭に立ってけん引してきた。日本ツアー15勝を挙げ、2006年から本格参戦した米ツアーでは通算9勝を挙げた。一時はドライバーに苦しむなどどん底も経験したが、2010年には世界ランク1位にも輝く金字塔を打ち立てた。

会場にはすでに多くの報道陣が詰めかけている。関係者によると300人以上という。

13時ちょうどに白い服に身を包んで登場した宮里は「お忙しい中お集まりいただきありがとうございます。この2日間、思っているよりもたくさんの方から反響がありまして。驚いているのが現状。昨年の夏ごろに今年いっぱいで現役を引退する決意を固めました」と第一声。

引退理由
モチベーションの意地が難しくなったのが一番の決め手。そう感じたのが4、5年前。自分の中でもどう消化していいのか手探りで進むしかない。メンタルコーチに相談して色んな選手にそういう時期あるから頑張ればいいと。チームともまとまって、モチベーション戻せるように頑張ろうと。トレーニングでも自分を追い込むことができなくなってしまっていたので。望んでいる形ではなかった。求めている理想としている姿はなかったのでこういう形になりました。

今後は?
具体的にはまだ決まっていないのが現状。そこのはざまでも悩んだところ、次自分がどうしていくか確約できないと引退できない。現役の視点を外れないと可能性の広がりが違うと思う。年内は残りの試合に注いで、すこしゆっくりして考えたいですね。

結婚は
いまのところはないですね。すみません(笑)

この14年間を思い出して
プロになって14年、内容の濃い時間を過ごしてきましたし、ゴルフを通じてたくさんの人とつながれて自分の人生が豊かになったと思うので、ゴルフと出会えて本当によかった。

思い出深い試合は
アマチュアで勝ったミヤギテレビ杯ダンロップレディスはターニングポイントだった。あの試合なくして自分はないし。アメリカツアーではエビアンマスターズの初優勝が記憶に残っている。4年かかってもぎ取った優勝だったので達成感もあった。プレーオフの18番のティショットはスランプを乗り越えた一瞬だったので、そのショットは覚えていますね。

※随時情報を更新します。

<ゴルフ情報ALBA.Net>