<BMW PGA選手権 最終日◇27日◇ウェントワース・クラブ(7,267ヤード・パー72)>

欧州男子ツアーで今季から新たにスタートするロレックスシリーズの初戦「BMW PGA選手権」最終日。4打差5位タイからスタートした谷原秀人は、スコアを4つ伸ばしたものの優勝には手が届かず。トータル8アンダーの3位タイで大会を終えた。

【関連ニュース】恒例パー3コンテストが中止 谷原秀人も「残念」家族と出場ならず
谷原は前半で4つのバーディを奪うと、折り返しての12番もバーディ。だがトップと2打差とした15番でティショットを左に曲げると“寄らず入らず”の痛恨のボギー。その後もスコアを伸ばせず、2016年の「WGC-HSBCチャンピオンズ」を優勝した松山英樹以来の欧州ツアー優勝はならなかった。

優勝したのは1アンダー21位タイから出たアレックス・ノレン(スウェーデン)。ノレンは17番までに8つのバーディを奪い首位に立つと、最終18番でイーグルフィニッシュ。トータル11アンダーまで伸ばし、一気に優勝をかっさらった。

2位にはバーディフィニッシュでトータル9アンダーとしたフランチェスコ・モリナリ(イタリア)。昨年の全英オープン覇者ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は、谷原と並ぶトータル8アンダーの3位タイとなっている。

【最終結果】
優勝:アレックス・ノレン(-11)
2位T:フランチェスコ・モリナリ(-9)
3位T:谷原秀人(-8)
3位T:ヘンリック・ステンソン(-8)
3位T:ニコラス・コルサーツ(-8)

<ゴルフ情報ALBA.Net>