<BMW PGA選手権 3日目◇27日◇ウェントワース・クラブ(7,267ヤード・パー72)>

欧州男子ツアーで今季から新たにスタートするロレックスシリーズの初戦「BMW PGA選手権」。第3ラウンドが終了し、谷原秀人が6バーディ・1ボギーの猛チャージ。スコアを5つ伸ばしトータル4アンダー・5位タイに浮上した。

【関連動画】海外からも続々…宮里藍引退に寂しさの声
37位タイで予選を突破した谷原は、2番でバーディを先行させると4番でもバーディ。さらに6番ボギーのあとにバウンスバックを決めて折り返すとバックナインでも3つのバーディを奪取。初日の116位は考えられない位置で最終日を迎えた。

トップに立ったのはトータル8アンダーのアンドリュー・ドット(オーストラリア)。1打差2位にブレンダン・グレース(南アフリカ)、トータル5アンダーの3位タイにフランチェスコ・モリナリ(イタリア)とリー・ウエストウッド(イングランド)がつけている。昨年の全英オープン覇者ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は、谷原と並ぶトータル4アンダーの5位タイから逆転優勝を狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>