<〜全英への道〜ミズノオープン 3日目◇27日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(7,404ヤード・パー72)>

2番パー5でイーグルを奪うなど一時は首位に並んだ宮本勝昌だが、バックナインで2つスコアを落とし、トータル5アンダーは変わらず5位タイで最終日に進むこととなった。首位とは6打差に広がって「2日目も後半伸ばせず、スコアは似ているけど、悔しさは今日のほうがある。フラストレーションがたまった印象ですね」と唇をかんだ。

【関連】異例の事態!宮里優作が藍引退に早朝記者会見
報道陣に囲まれると「今日は子供の運動会だったから、いけなくて残念でした」と悔しさをはぐらかした。明日に向けての意気込みも思わず自虐が口をついた。「100点満点のプレーをしないと厳しい。いつもは、80点のプレーで及第点を与えるけど、92点ぐらいを出して“得意の”プレーオフに持ち込みたいですね(笑)」。

“得意の”というフレーズに悔しさがにじんでいた。今季の国内第2戦「パナソニックオープン」では久保谷健一とのプレーオフに挑み、1ホール目でOBを打ってあっけなく敗戦。「優勝しないとこの悔しさは晴れない。優勝して晴らしたい」と誰よりも勝利を欲している。最後は表情を緩めて「明日はダービーでしょ!」とジョークで締めたが、もちろん自身が主役になるつもりだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>