宮里藍が2017年シーズンを持って引退することが発表された。今週「リゾートトラスト レディス」で松森杏佳を担いでいる宮里藍のエースキャディ、ミック・シーボーン氏もコメントした。

宮里藍の14年間をフォトギャラリーで振り返る
「引退することは知っていた。どの大会が最後になるかは知らないけどね。彼女ももう30代だし、ここ3年パットに悩んでいるのも見てきた。本当にお疲れ様でした。僕も次の仕事を探さなきゃね(笑)」

ミック氏はアメリカ本格デビュー以前のQスクールから宮里のバッグを担ぎ続け、文字通り二人三脚で米ツアーを戦った相棒。世界ランク1位となったときも、となりにはミック氏がいた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>