<ディーン&デルーカ招待 初日◇25日◇コロニアルCC(7,209ヤード・パー70)>

テキサス州のコロニアルCCにて米国男子ツアー「ディーン&デルーカ招待」が開幕。その初日、日本勢で唯一出場している池田勇太は4バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“70”。イーブンパーで34位タイにつけた。

【関連動画】全英行きの切符は誰の手に!?ミズノOP初日ハイライト
10番から出た池田は、2mを沈めて“おはようバーディ”を奪うと続く11番でもバーディ。12番ボギー、13番ダブルボギーと一転苦しんだが、15番でバーディ、16番ボギーの後の17番とバーディを奪いイーブンに戻してハーフターン。後半は9つパーを並べてホールアウト。首位と5打差で第1ラウンドを終えた。

現在のトップは5アンダーまで伸ばしたデレク・ファサワー(米国)、ケリー・クラフト(米国)、JT・ポストン(米国)の3人。その他、フィル・ミケルソン(米国)が3アンダー・7位タイの2打差発進、マスターズ覇者セルヒオ・ガルシア(スペイン)は1アンダー24位タイ、ジョーダン・スピースはイーブンパーの34位タイにつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>