<ダイクレレディースカップ 最終日◇25日◇呉カントリークラブ(6,280ヤード・パー72)>

濃霧のため初日の競技が順延となったステップ・アップ・ツアー第7戦「ダイクレレディースカップ」は協議の結果18ホール決戦に。イレギュラーとなった混戦を制したのは暫定首位から出た福山恵梨だった。

とびっきりの笑顔がここに!ニューヒロイン候補が躍動するステップLIVEフォト
第1ラウンドの最終組に入っていた福山は9ホールを残して初日を終了していた。9ホールを残す展開に「今日は勝つ気で最初から臨んだ」と10番から競技再開。11番でバーディーを先行させると、320ヤードと短い16番でも「攻めてバーディーを獲る」とティーショットでドライバーを選択。残り40ヤードまで運ぶと「ラフだったので計算しやすかった。ピッタリでしたね」と58度で10cmにピタリ。単独首位に浮上すると、「初優勝のときは、上がり3ホールでスコアをポロポロと落としてしまったので、最後は気を引き締めました」と前回の反省を活かしてバーディフィニッシュ。第7戦にして早くも今季2つ目のカップを掴んだ。

これで今季は出場したステップ6試合すべてでトップ10フィニッシュ。地元福岡で開催されたレギュラーツアー「ほけんの窓口レディース」でも上位を賑わせるなど、抜群の安定感を誇っている。それでも本人としてはまだまだ納得がいかない。

「今年に入ってボギーは叩かなくなったけど、まだまだバーディを獲りたいと思ったところで獲れていない。ステップアップツアーでもいろんな記録が見られるようになったし、あれで私がパー5でバーディーを獲れていないことも分かった。もっともっと上手になりたいです。開幕戦も今回も短期決戦だったので、次は3日間大会で勝ちたいです。3日間で勝って本物のプロゴルファーに近づきたいですね」

来週のステップ第8戦「日医工女子オープン」は3日間大会。2週連続優勝で“本物のプロゴルファー”へさらに近づきたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>