<リゾートトラスト レディス 事前情報◇25日◇オークモントゴルフクラブ(6,538ヤード・パー72)>

先週を休養にあて韓国に帰国した賞金ランク首位を走るキム・ハヌル。撮影などの仕事をこなし、母国のグルメなどを堪能。そして、大先輩の誕生日を祝うために男子ツアーにも顔を出した。

【関連写真】キム・ハヌルの宣材写真撮影に潜入!メイク中の秘蔵写真も
ハヌルが祝ったのは、米ツアー8勝を誇る韓国ゴルフ界の“英雄”チェ・キョンジュ。ハヌルのコーチとチェが親友で、合宿を共にするなど親交も厚い。「大先輩のプレーをみて、いいリズムをもらいました」といい“お土産”ももらったようだった。

今週はジャック・ニクラス(米国)設計の「フェアウェイが狭くて、グリーンが大きい」コース。難易度の高さを警戒しつつも、「韓国にあるコースに雰囲気がよく似ている」と相性の良さも感じているようだった。

今季は7月米国メジャー「全米女子オープン」に出場予定。昨年も資格はあったが、「日本に慣れていない状況で米国に行くのはムリだった」と出場を見送った。今季は日本のコースにも適応し「出てみようと思った」という。

「勝ってなかったら焦ってしまうけど、今は少し心に余裕がある」。すでに2勝を挙げ、賞金ランクは首位、世界で自分がどれくらいできるのかを知りにいくのはちょうどいい機会なのかもしれない。

賞金ランクトップを快走中だが、まだ賞金女王などは「まったく考えてないです(笑)」という。韓国に帰ると、日本での活躍を賞賛されることが多くなったというハヌル。焦らず、じっくりとコースと向き合う“スマイル・クイーン”、今週も間違いなく優勝候補の一角だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>