「中京テレビ・ブリヂストンレディス」で歓喜の涙を流した上田桃子。その上田のコーチを務める辻村明志氏が、地元・熊本で行われた「KKT杯バンテリンレディス」での涙の惜敗から今回の勝利までの過程を熱く語ってくれた。

【関連ニュース】上田桃子の復活V コーチが語る荒川博氏との秘話【辻にぃ見聞 前編】
■カラーからのウイニングパット 決められたのは熊本での敗戦があったから
KKT-では2位に2打差で迎えた最終ホールで、バーディパットを寄せられずに残した1mのパーパットを決められずまさかのボギー。バーディとした西山ゆかりに追いつかれるとプレーオフ1ホール目で池ポチャ。熊本県民にささげるカップは手の中からすり抜けた。

今大会でも2位に1打差で迎えた17番で大ピンチを迎える。「フェアウェイから少し軽めに打とうと思った」セカンドショットが、右のラフに外れ、運悪く木の根っこが混じる最悪のライ。ここからのアプローチを大きく6mオーバー。追いつかれるどころか逆転までされる可能性のある場面で、上田は痺れるパーパットをねじ込んだ。そのままリードして迎えた18番で、カラーから8mのバーディパットを沈めて勝負を決めた。これには熊本での経験が大いに活きているという。

「熊本で負けた後上田とは“何で最後のパーパットが外れたか”について話しました。負けるには必ず理由がありますから。深く聞いていくうちに、熊本では18番のバーディパットを打つときに“2パットで良い。寄せれば良いだろう”と考えていたことが分かりました。そういう時こそ“絶対入れる”まで行かなくても“カップをかすめる”くらいの気持ちが欲しい。それが今回の18番では攻めの気持ちを貫いた。“寄せて勝とう”ではなく“かすめさせる!”という強い気持ちが私まで伝わってきました。入ったという結果だけでなく、成長を感じさせる1打でした。もちろん17番でパーパットを決めた集中力も素晴らしかった(辻村氏)」

■目指せ平均パットトップ10 ランクが上がればもっと優勝に絡める
熊本の敗戦後に一番話し合ったのがパッティングについて。その時は平均パット数がランキングにして38位だった。

「最後の1ホールだけでなく、全体的にまだまだパターが仕上がっていなかった。その時に話したのが“出遅れたけど平均パットトップ10に入っていこうぜ”と。上田も2つ返事で“はい”と言ってくれました。その意欲に加えて、今年はショットが安定してやるべきことが決まっているから、ショートゲームに時間を費やせる。おかげでパッティングは明らかに今の方が良くなっています」。そこからランキングも23位に上昇。確かな手ごたえはある。

「昨シーズンから“打ちきれず”にショートする場面が多かった。今年も開幕からカップに届かないパットが目立っていましたが、今は芯で捉えられるようになって少しずつ良くなっています。成長は確実にしていますから、もっとしっかりと“スコーン”と打てるようになるまで、今の練習を信じて取り組んでいきます」

そしてもう1つ取り組んでいるのはいつも同じストロークをできるようにすることだ。「よく上田と話すんです。“不思議だよな〜 。同じパターのヘッドが状況、場面でこうも重さが変わるんだから。あのガルシアですらマスターズで優勝が懸かった場面ではヘッドが動かなっていた。だから、いついかなる時も同じ重さで感じれるように稽古重ねていこうな”って。勝負の重圧は考えれば考えるほど、パターを1kgのなまりに変えてしまいます。それを力を入れて動かそうと思えばもっと動かなくなる。それをできるだけ同じ重さを感じてストロークできるようにすること。その為には稽古、稽古しかありません。もっともっと磨いてどんどん優勝に絡んでいきたいですね」

解説・辻村明志(つじむら・はるゆき)/1975年9月27日生まれ、福岡県出身。ツアープレーヤーとしてチャレンジツアー最高位2位などの成績を残し、2001年のアジアツアーQTでは3位に入り、翌年のアジアツアーにフル参戦した。コーチ転身後はツアー帯同コーチとして上田桃子らを指導。上田の出場試合に帯同、様々な女子プロのスイングの特徴を分析し、コーチングに活かしている。プロゴルファーの辻村明須香は実妹。ツアー会場の愛称は“おにぃ”。

<ゴルフ情報ALBA.Net>