<中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 2日目◇20日◇中京ゴルフクラブ石野コース(6,401ヤード・パー72)>

国内女子ツアーで人気が沸騰している中国美少女のセキ・ユウティンが、4つスコアを伸ばしてトータル6アンダー・11位タイに浮上。4打差ながら、初優勝に向けて最終日をいい位置で迎える。

美人プロの撮れたて写真は「ライブフォト」で!
愛らしいルックスからファンのハートをガッチリとつかんでいるルーキーだが、今季初の名古屋地域開催とあって、この日も多くのギャラリーが初ユウティンを見ようとコース内を追った。「ユウティンを見に行こう!」と男性二人組が追いかけ、「今日はスカートじゃないんだ……」と、ルックスやファッションに目が行きがちだが、2週前のメジャーでは14位タイに入るなど、徐々に成績も上向いている。

「日本での生活は問題ありませんが、ツアーにはまだ慣れていないかもしれません」と、いまだ完全に溶け込んでいるわけではないと少しの不安を口にするが、それでも人気が急浮上しているのは間違いない。そんな状況にも「早くファンの皆さんに認めてもらいたいです」と、謙虚に語る。そんなどこまでもまじめで初々しいところがユウティンの魅力の一つなのか?

そんなユウティンだが、実は今季初戦から、予選通過した試合で最終日アンダーパーをマークしたことがない。そんなところからも、「明日は目標は考えません。まだまだ新人ですから、目の前の1ホール1ホールに集中するのが大事です。勉強の気持ちで頑張ります」と、最後まで控えめで愛くるしい笑顔を振りまく。初の最終日アンダーパーに向けて、謙虚な美少女がファンの心をつかむゴルフを見せることができるのか!?

<ゴルフ情報ALBA.Net>