<関西オープン 2日目◇19日◇城陽カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー71)>

「中日クラウンズ」、「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」に続く3大会連続優勝を目指す宮里優作はカットラインギリギリで予選を通過した。

【関連写真】地元で優勝に喜びの舞“カチャーシー”を披露する宮里優作
午前組の宮里は、スタートホールの1番、そして3番ホールとバーディを先行させるも、折り返してから3ボギー、1ダブルボギーとバックナインで大乱調。トータル5オーバーまでスコアを落とした。

ラウンド後には「今日はトータル1アンダーくらいまで持っていきたかったんですが、後半、完全に燃料切れです。思ったより歩けたし、疲れがあることはいいわけにしたくないんですけど、もうボクも30代後半。昔はこれくらい何でもなかったのになぁ(笑)」

続けて「たくさんのギャラリーの方がついてくれたのに、いいプレーを見せずに申し訳なかったです。何とか予選を突破してくれって感じですけど、帰る準備をしておきます」と話していたが午後組ホールアウト後、5オーバー55位タイまでの予選突破決定。3大会連続優勝の望みをつないだ。

文/伊藤昇市

【2日目までの順位】
1位T:今平周吾(-6)
1位T:小野田享也(-6)
3位T:高山忠洋(-3)
3位T:B・ケネディ(-3)
3位T:M・グリフィン(-3)
3位T:K・バーンズ(-3)
3位T:D・ブランスドン(-3)
8位T:谷口徹(-2)
8位T:杉原大河@(-2)
8位T:松村道央(-2)
8位T:小池一平(-2)

55位T:宮里優作(+5)
55位T:チョ・ビョンミン(+5)他