<関西オープン 2日目◇19日◇城陽カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー71)>

難関・城陽カントリー倶楽部で開催されている国内男子ツアー「関西オープン」の第2ラウンド。午前組の全選手がこの日の競技を終え、25歳の小野田享也が8バーディ・2ボギーの“65”の好スコアをマーク。トータル6アンダー単独首位に躍り出ている。

再タッグ!今平は美人キャディと息ピッタリ
2打差2位タイに前半4ホールを消化した今平周吾、3打差3位タイに高山忠洋、デービッド・ブランスドン、カート・バーンズ(共にオーストラリア)が続いている。

片山晋呉以来となる、16年ぶりの3戦連続優勝がかかる宮里優作はバックナインに3ボギー・1ダブルボギーと崩れ、トータル5オーバー68位タイでフィニッシュ。決勝ラウンド進出が危ぶまれている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>