<ザ・プレーヤーズ選手権 3日目◇13日◇TPCソーグラス(7,189ヤード・パー72)>

米国男子ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」は3日目の競技が終了。池田勇太は強風の中、粘りのプレーでイーブンパー、スコアを落とさずトータル2アンダーでフィニッシュ。順位は23位タイから16位タイに順位を上げた。

【動画】松山、バンカーからチップインバーディを奪取!
「スタート前に雨が降ったんでスタートした時ははさほどそんなに強い風じゃなかったですけど、どんどんやっていくにつれ風が強くなってきて。すごい難しい状況」、前半では2つスコアを落としてしまった。しかし、後半は11番から3連続バーディを奪取。その後はまたボギーが2つ続いたが、名物ホールの17番パー3でバーディを奪いイーブンにまとめた。

風の中を粘りのプレーで持ちこたえ、初出場の“第五のメジャー”でトップ10を視界に入れ最終日へ。「一つでも上にいけるように。それしかボクは頭にないのでそれを意識して頑張りたいと思います」、大舞台にも飲まれずこの日は戦い抜いた。最終日はさらに上へ、それだけを考えて戦い抜く。

<ゴルフ情報ALBA.Net>