<ほけんの窓口レディース 2日目◇13日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,308ヤード・パー72)>

前日の悪天候のため競技順延となった国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」の第2ラウンド。全選手がホールアウトし、この日6バーディ・1ボギーの“67”をマークした鈴木愛がトータル7アンダー単独首位でフィニッシュ。今季初勝利に王手をかけている。

総数500枚以上!シネ、ボミのLIVE写真はこちらでチェック!
3打差2位に酒井美紀、4打差3位にささきしょうこ、5打差4位タイにキム・ハヌル(韓国)、川岸史果ら5人がつけている。

大会3勝目をかけて挑んだ賞金女王のイ・ボミ(韓国)だったが、1バーディ・6ボギーの“77”と大乱調。トータル8オーバー76位タイと振るわず、今年3月の「アクサレディス」以来、今季2度目の予選落ちを喫した。

また、同組で回ったセクシー・クイーンことアン・シネ(韓国)も大きくスコアを落とし、トータル13オーバー101位タイで予選落ちと、国内ツアー2戦目は厳しい結果に終わった。

なお、シネの国内ツアー次戦は6月22日(木)より開催される「アース・モンダミンカップ」を予定している。

【2日目までの順位】
1位:鈴木愛(-7)
2位:酒井美紀(-4)
3位:ささきしょうこ(-3)
4位T:キム・ハヌル(-2)
4位T:穴井詩(-2)
4位T:テレサ・ルー(-2)
4位T:川岸史果(-2)
4位T:福田裕子(-2)
9位T:新海美優(-1)
9位T:イ・ミニョン(-1)
9位T:藤田さいき(-1)
9位T:佐伯三貴(-1)

CUT:イ・ボミ(+8)
CUT:森田理香子(+10)
CUT:アン・シネ(+13)