<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 3日目◇13日◇かねひで喜瀬カントリークラブ(7,217ヤード・パー72)>

雷雲接近のため競技開始が13時にずれ込んだ国内男子メジャー「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」の第3ラウンド。全選手が前半の競技を終え、谷口徹がトータル10アンダーで単独首位を堅守している。

ジャンボ節炸裂!快挙達成も「エージシュートなんて目指してないっつうの」
谷口は2番から連続ボギーを叩くなど不安定な立ち上がり。しかし、7番・9番でバーディを奪いイーブンに戻すなど、崩れることなくハーフを終えている。

首位と3打差の2位でスタートした宮里優作は、前半9ホールを全てパーとスコアを伸ばせず。その差は変わらずトータル7アンダー2位としている。

首位から4打差3位タイに小平智、重永亜斗夢、プラヤド・マークセン(タイ)、5打差6位タイに池村寛世が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>