<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 2日目◇12日◇かねひで喜瀬カントリークラブ(7,217ヤード・パー72)>

国内男子メジャー初戦「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」の第2ラウンド。全選手が前半の競技を終え、49歳の谷口徹がトータル10アンダーで単独首位をキープしている。

地元・沖縄ということで…もちろんこの人も兄の応援に!
2打差2位に初優勝を狙う重永亜斗夢が浮上、3打差3位にこの日“66”をマークした宮里優作、4打差4位に小平智がつけている。

大会史上最年少優勝がかかる韓国の19歳、イム・ソンジェは後半16番時点で2バーディ・5ボギーと苦しみ、トータル4アンダー6位タイに後退。また、喜瀬CCで開催された2007年大会覇者の伊澤利光は、この日も“78”と振るわずトータル12オーバー134位タイでフィニッシュ。予選落ちが濃厚となっている。

なお、ツアー史上2度目となるエージシュートに1打及ばず“71”でフィニッシュした尾崎将司は、初日の出遅れが響き、トータル4オーバー76位タイ。決勝進出は厳しい状況にいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>