<ザ・プレーヤーズ選手権 事前情報◇8日◇TPCソーグラス(7,189ヤード・パー72)>

“第五のメジャー”「ザ・プレーヤーズ選手権」が開幕。日本勢2人が第一ラウンドのプレーを終えた。

【関連動画】石川遼、149位で予選落ちも収穫あり「今までに打ったことのない感触がある」
松山はインコースからスタート。前半をイーブンパーで折り返すと、後半は1番でボギーが先行。4番で取り返すと、その後はパーを重ねホールアウト。この日は3バーディ・1ボギー・1ダブルボギーのイーブンパー“72”でフィニッシュ。「スタートが良かったのでアンダーパーで回りたかった」と少々悔いの残る初日となった。ホールアウト時点の順位は46位タイとなっている。

池田勇太は3バーディ・2ダブルボギーの“73”でホールアウト。1オーバーは現時点で80位タイとなっている。首位に立っているのは5アンダーでホールアウトしたウィリアム・マグガード(米国)。

<ゴルフ情報ALBA.Net>