<ザ・プレーヤーズ選手権 事前情報◇8日◇TPCソーグラス(7,189ヤード・パー71)>

“第五のメジャー”と呼ばれる大舞台、「ザ・プレーヤーズ選手権」が開幕。松山英樹が前半のプレーを終えた。

【関連動画】石川遼、149位で予選落ちも収穫あり「今までに打ったことのない感触がある」
松山はインコースからスタート。11番パー5から連続バーディを奪うが、18番でティショットを池に落としてしまい、痛恨のダブルボギーに。前半ではイーブンパー暫定30位タイとスコアを伸ばせずに折り返した。

池田勇太は6ホールを消化。出だしから連続バーディを奪い現在2アンダー暫定12位タイでプレーしている。ジェイソン・デイ(オーストラリア)、リッキー・ファウラー(米国)らが4アンダーまで伸ばし現在首位に立っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>