<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 事前情報◇10日◇かねひで喜瀬カントリークラブ(7,217ヤード・パー72)>

国内男子メジャー初戦「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」は同大会10年ぶりとなる沖縄県での開催。地元で2戦連続優勝を狙う宮里優作らに多くの視線が注がれる一戦となるが、大会の出場選手リストに前年覇者で昨年賞金ランク2位の谷原秀人の名前はなかった。

10年ぶりの喜瀬、思い出の地にあの名プレーヤーが帰ってきた
開幕前の会見に臨んだ倉本昌弘PGA会長は、「昨年大会優勝者の谷原君及び関係者とは最後まで連絡を取り合っていましたが、首の治療をしなければならないということで残念ながら欠場となりました」とエントリー期限ぎりぎりまで交渉を続けたが、欠場となったことを説明。選手会長の宮里優作も「ディフェンディングチャンピオンが出られないというのは申し訳なかったです」と頭を下げた。

今季の欧州ツアーへのメンバー登録を済ませている谷原は、欧州ツアーのビッグイベントである「BMW・PGA選手権(5月25日〜28日)」に出場予定。海外連戦を終えた直後は「少し休みたい」と語っていたように、まずはコンディションの調整を優先した形となった。

日本ゴルフツアー機構はメジャー優勝などによる複数年シードを保持する選手に対する出場義務競技数を撤廃したため、昨年今大会で優勝している谷原は試合数をセーブしても来季もトーナメントに出場することが可能。賞金ランキングに名前を載せるには義務試合数である3試合(海外ツアーメンバー外の場合は13試合)を消化する必要があるが、マイペース調整が可能な立場だ。

また、今大会は昨年の賞金王・池田勇太も「ザ・プレーヤーズ選手権」出場のため欠場。ツアーの顔2人を欠いてのメジャー開幕となる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>